節約に走りすぎた付けを払うことになりカードローンを頼った

いつも生活が苦しいので私は何でもかんでも節約するように頑張っており、その中でも生命保険料は重荷であると感じていたので、一切なにも契約をしていませんでした。当然のことながら、生命保険に入っていないと手術を受けた際に保険金が下りないという状況に陥るわけですが、元気がとりえの私には関係のないことだと思っていました。そんな私の考えが甘かったようで、仕事中に大変なことが起こってしまいました。

プラスチック加工業に従事している私は、作業中に機械で指を切断しました。緊急手術が必要なのですが、私には払えるお金がありませんでした。後日お金を支払うという約束で、私は手術を受けることになりました。

病院側から手術費用の督促がくるようになったころ、私は焦っていました。一向にお金が工面できなかったからです。

最終的に考えたのは、カードローンに頼るということでした。しかし、私はプラスチック加工業のアルバイト従業員です。審査に通るか否かは未知数でしたが、意を決して楽天カードローンの審査申し込みをしました。

すると、私は楽天からお金を借りられる状態になったのです。手術費用の8万円を借り入れて病院に支払い、返済はアルバイトを掛け持ちして完済しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です